<ins id="r5ffb"></ins>

<ins id="r5ffb"><form id="r5ffb"><b id="r5ffb"></b></form></ins>
<delect id="r5ffb"></delect>

<ins id="r5ffb"><form id="r5ffb"></form></ins>

    お問い合わせ?。骸?a href="mailto:tech@ceramo.com">new@ceramo.com

    ご挨拶

    代表取締役 小山基成

    【経済】と【環境】の課題解決へ

    つい數年前まで、自動車から出る排気ガスは大きな社會問題でした。
    現在、街中で真っ黒なガスを排出しながら走っている自動車を見ることはずいぶんと少なくなりました。國や自治體の環境規制の取り組み、あるいは自動車メーカーの技術革新によって交通公害は確かに減少傾向にあります。
    ただ、有害な排気ガスが無くなったわけではありませんし、地球溫暖化や限りある化石燃料の代替エネルギー開発の遅延など、まだまだ未解決の問題が山積みです。
    これまで【経済】が拡大する過程で、【環境】への配慮はあまりされておりませんでした。世界経済における自動車産業全體はとても大きな存在で、社會にはなくてはならない産業でしょう。
    しかし、いくら経済効果が大きくても人體のみならず自然環境に有害なものは極力排出すべきではありません。
    私たち人類は自然環境から多大な恩恵を受けています。経済優先で環境破壊を続けていくと、そのつけは必ず私たち、あるいは私たちの子孫に返ってきます。
    人々が生活する以上、【経済】は無視できません。しかし【環境】も無視することはできません。
    【経済】と【環境】が織り成すこのような矛盾を解決する方法はないのか、またその解決策の提示を會社の事業としてやっていくことはできないのか。株式會社セラモは、この課題に取り組んでまいりました。
    「社會利益を追求できる會社こそ、社會に対する存在意義がある」という理念に基づき、研究?開発?実証試験を行なってまいります。

    「環境にやさしい車社會の実現」
    株式會社セラモが、これまでの活動から導き出したコンセプトテーマです。
    われわれの子孫のために、未來の地球のために、ひとりひとりができることから始めましょう。

    実験?研究データ

    日本カーオブザイヤー
    選考委員
    北京航空航天大學 日産ディーゼル
    技術研究所
    ULTRA TUNE LAB.
    (豪州)
    中國國家自動車試験場
    ?試験機関:清華大學
    ?試験場所:北京郊外
    大型ボイラー実証実験
    日本10一14周岁a在线